The URBZTOWN トップへ
Game excite
運動のすすめ その9 気功法②
一方、「軟気功」は、まず「外功」と「内功」に分かれます。「外功」は主に気功師などが自分の気を放射して患者を治療するものです。一方、「内功」には三種類あり、からだを動かす「動功」、からだを動かさない「静功」、それにマッサージや按摩などでからだをほぐして「気」のめぐりをよくする「按功」に分けられます。日本で一般的に「気功法」といえば、「動気功」のことをいいます。

 「気」は万物の中を流れる一種のエネルギーで、「気」が人の中を流れときは経絡というルートを通るとされ、気が集まる場所を丹田と呼びます。「気功法」は体内の「気」の流れを順調にし、活性化しようとする試みであり、「気」の性質をさらに純粋で良質のものにしようとする修行法なのです。その修行法は多種多様で、小規模に行われているものも含めれば、おそらく千種類をこえるやり方があるといわれています。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-19 05:30
 
運動のすすめ その8 気功法①
「気功法」とは

 「気功法」は吐納・導引・静功・内功・定功・内養功・養生功など色々な名前の呼び方をされていました。1940年から劉貴珍による中国医療気功の研究と実践が行われ、1953年に「気功療法実践」という本あらわし、その中で昔からのさまざまな呼び方をまとめて「気功」と呼ぶようになりました。つまり「気功」とは、中国健康法の総称のことです。

 「気功法」は、「硬気功」と「軟気功」とに大別されます。「硬気功」とは、武術気功とも呼ばれ、外敵から身を守るために発達しました。からだの一部に気を集めて集中させることで強靭な肉体をつくり、相手からの防御と攻撃のために発達したものです。

 
[PR]
# by redmanID | 2005-03-19 05:24
 
運動のすすめ その7 太極拳の歴史
「太極拳」の歴史
 先ず「太極拳」について言えば、この太極思想にもとづいて「太極拳」(「陳家太極拳」という)を組み立て創始したのは、河南省温県陳家溝に住む陳家一族の第九世であった明末の武将「陳王庭」といわれています。当時の陳家にはこの拳法を陳一族の者以外には伝えてはならないとする家訓がありました。しかし、陳王庭の五代のちの第十四世陳長興(1771~1853年)の時に、どうしても「太極拳」を修業したいと考えていた楊露禅(1799~1872)という人物が、陳家の下男となって密かに修練し、長興から正式に入門を許され、その楊露禅によって始められたのが「楊家太極拳」なのです。
 今日、一般に日本で知られている「太極拳」とはこの「楊家太極拳」(又は「楊式太極拳」)なのです。その後「呉家太極拳」、「武家太極拳」、「孫家太極拳」がつくられ、現在、「陳・楊・呉・武・孫」の五大流派として知られています。

 「太極拳」の演練は始めから終りまで、呼吸に合わせて同じ速度で行い、決して止まってはならないので、清代の拳法の名人は「拳は長江大海の如く、滔々として絶えることなし」といったそうですが、まさに「宇宙は無極なり」(極まることなし)という易学理論と一致しています。筋肉に力を付けるために、いくら鍛練してもその力には限界がありますが、人間の身体から流れ出る「精神の力」ともいうべき「気」というものは、「太極拳」の修練によって養うことで、更に強い「気」を自由に発することができるようになるのです。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-19 05:20
 
運動のすすめ その6 太極思想とは

 「太極思想」とは
 「気功法」と「太極拳」、この二つに共通していることは、双方とも「太極思想」と関係していることです。「太極思想」とは、中国の戦国時代(BC403~BC221)に成立した、万物を陰気・陽気と五行(水・火・木・金・土)であらわそうとする宇宙論で、その思想は道教の教えの中で陰陽五行説として説かれているものです。

 陰陽五行説とは、「混沌とした無極の状態であった宇宙の中から、陰陽二つの天地がこの世に創立され、その天地に五行の五気が、大自然を保つ順行法として互いに絡み合って、森羅万象の誕生となる」というものです。この考え方の背景には、万物は気によって構成されているという思想があり、陰陽五行説はこの気の形態を分類したものと考えられています。つまり、「気功法」も「太極拳」も同じ考え方、思想に基づくものですが、その成立過程には違いがあります。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-19 05:18
 
運動のすすめ その5
【運動のすすめ その5】
 そもそも、「運動のすすめ」とは、健康増進、健康養生を目的としたものです。運動することで、人間本来が備えている本能的な能力を発揮し、滋養強壮に役立てることなのです。決して特別な能力を必要とするものでは有りません。ただ短期間で効果を上げようとすると、無理が生じます。気長に毎日少しずつ継続して繰り返す事が大切です。やはり「継続は力なり」なのです。
 さて「気功」と「太極拳」、この二つに共通している事は、どちらもその効果が現れるまでには時間がかかると言うことです。中国4千年という気の長い歴史が生み出した健康法について解説しましょう。
 
 「気功」または「気功法」とは、人体の根源的なエネルギーである「気」の力を最大限に発揮していくトレーニング方法のことです。一方、「太極拳」とは、別名「内家拳」ともいわれ、中国武術の一つです。「内家拳」には「太極拳」の他に「形意拳」、「八卦掌」があり、内家三拳と言われています。「内家拳」は別名「軟拳」とも呼ばれ、主に精神を統一させて、「気」を修練するもので、「綿裏蔵針」と言われるごとく、綿のように柔らかく見える動きが、「内気」を鍛錬することによって鋼鉄のような強さを生み出します。
 
 余談ですが、「内家拳」があれば、「外家拳」というのもあります。1500年の歴史を持ち嵩山少林寺に伝えられて来た中国武術の源流ともいえる「少林拳」。長江以北で行われてきた北派拳法の査拳、花拳、灼拳などを含む「長拳」。長江以南の福建、広東、湖南、四川、江西、などの地方で行われている「南拳」などです。別名「硬拳」と呼ばれる「外家拳」は骨格、筋肉、皮膚などを鍛錬し、猛力を用いるもので、動きはきわめて俊敏・快速です。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-13 05:23
 
運動のすすめ その4
【その4】
 

 「運動のすすめ」について話をする時、何をしたら「運動のすすめ」になるのかを聞かれることがあります。人間は動物ですから、体を動かせば良い、と思うかもしれません。闇雲に体を動かすことが、かえって逆効果になるかもしれないことは前に触れました。では、何をやったら良いのでしょうか。人間の寿命を120歳とした道教の教えのひとつに健康維持のための「気功法」というのがあります。
 「気功法」とは人間の命を維持する気(元の気)を鍛錬し、気が体内の経絡に沿って流れるようにし、病気を癒し、健康を維持し、長生きできるようにする方法です。「気」のつく言葉を前にあげました。われわれの生活でいかに「気」のつく言葉が多いか驚かれた方も多いと思います。それほど「気」は人類の生活に密接に関連しているのです。
 
 「太極拳」と「気功法」は同じ系統の動きを基本としています。「太極拳」と「気功法」」の違いについて語ることは紙面の関係で解説できませんが、
両方とも下半身の強化に役立ちます。一般に生まれたばかりの赤ちゃんは「元の気」が一番強く、両親からもらった元の気は失われていません。20代から40代は「元の気」が一番旺盛に体を巡ります。

 ところが50代で肝臓に流れる「気」は衰え始め、目がかすむようになります。60代には心臓に流れる「気」が衰え始め、そのために臥せたがるようになります。70代では脾臓に流れる「気」が虚弱になり、皮膚が枯れてつやがなくなります。80代では肺に流れる「気」が衰え、気力がうすれて言葉を間違えがちになります。90代では腎臓に流れる「気」が枯れていわゆる腎虚になり、百歳ごろには、五臓の「気」がみな虚ろになり、神気が失われ、肉体だけが残って死に至ります。どれか一つでも思い当たることはありませんか。年齢に関係なく老化は進行しているのです。

 そこで、年齢が増すとともに命を維持する「気」を養うために、「運動のすすめ」があるのです。「太極拳」や「気功」については、正しい知識とトレーニングのためのプログラムに従って行うことが大切です。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-13 05:03
 
『気』のつく言葉
『気』のつくことばはこんなにあるゾ

 突然ですが、「気」 のつく漢字を思いつくままに挙げてみましょう。
本気、浮気、元気、病気、強気、弱気、天気、空気、外気、内気、短気、
邪気、斑気、意気、安気、一気、運気、英気、鋭気、何気、火気、活気、
換気、寒気、暖気、勘気、義気、客気、脚気、吸気、居気、侠気、狂気、
景気、嫌気、血気、嫌気、磁気、豪気、合気、根気、才気、殺気、士気、
磁気、湿気、酒気、暑気、堅気、笑気、怒気、瘴気、正気、色気、心気、
蒸気、上気、人気、水気、湯気、説気、節気、俗気、精気、景気、男気、
稚気、中気、抽気、通気、電気、暢気、呑気、排気、仏気、呆気、味気、
眠気、勇気、油気、霊気、和気、朧気、衒気

気兼ね、気構え、気高い、気取る、気晴らし、気配り、気付く、気負い、
気違い、惚気る、小意気、小気味、乗り気、食い気、生意気、静電気、
素っ気、地磁気、吐き気、得意気、不気味、不景気、雰囲気、娑婆気、
蜃気楼、

気宇、気運、気鋭、気炎、気温、気化、気概、気楽、気管、気体、気球、
気胸、気息 気丈、気勢、気性、気象、気合、気骨、気持、気圏、気候
気孔、気功、気長、気道、気筒、気品、気風、気分、気泡、気侭、気儘、
気密、気流、気力、気質、気圧、気流

ほんの一例かもしれませんが、これだけ「気」にかかわる言葉があるわけです。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-12 09:41
 
運動のすすめ その3
【その3】
 
老化は人間にとって避けることの出来ない現象です。年とともに老化現象が体の各所に現れます。記憶力など脳の機能低下、目・筋力・耳など器官の低下、自給力・集中力など気力の低下、風邪をひきやすいなど免疫力の低下、歩行でつまずくなどのバランス感覚の低下などなどです。
 
 中国の道教の教えの中に「人間の寿命」について120歳であるとした記述があり、2600年も前の時代からおそらく生物学的に「人間の寿命」は120歳が限度であると言われていたものではないか、と推測できます。
 つまり生物学的に人間は120歳までは生きられる、ということです。
では、老化とどのように向き合っていけば、またどのように老化を防止すれば、120歳まで生きられるのでしょうか。

 不老長寿は人類のはかない永遠の願いです。こうすれば良い、という決定的な方法は無いと言えましょう。「運動のすすめ」を考えているうちに、ただ闇雲に体を動かすことが、人間の役に立つのではなく、一定の法則にしたがってトレーニングすることが大切であるとの小生なりの結論に達しました。理論に基づかない無駄な努力はかえって逆効果になりかねません。寿命を縮めることになります。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-12 09:32
 
運動のすすめ その2
【その2】
 
「運動をする」と筋肉を使います。筋肉を使うと毛細血管が筋肉内に増加します。毛細血管が増えると、そこに体内の血液が貯蔵されます。人間の全身の筋肉の半分以上は下半身にあるので、血液の貯蔵はバランス良く行われ、健康増進に役立ちます。

ところが、もし「運動不足」が慢性的につづくと、筋肉の毛細血管は死滅してしまいます。死滅した血管には血液が貯蔵されないために行き場を探さねばなりません。筋肉の半分以上が下半身にあるわけですから、血液は行き場を探して、上半身に移動するのです。この結果、人間の血液が上半身に集まり、高血圧を生み出すのです。もし、「運動をしていれば」毛細血管は正常に機能するわけですから、「運動不足」が生み出す弊害は大きいと言えましょう。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-12 09:28
 
太極拳の魅力

 「学問のすすめ」というにはほど遠いけれど、
 今後の老齢化社会には必須の「運動のすすめ」について書きます。


 人間は「動物」です。動く物それが人間なのです。そんなことはハナから判っているという人がいるでしょう。人間は生まれたときから、限りなく平坦な下り坂をゆっくりと下っています。ほとんどの人はこのことに気がつきません。もし、人間がもう少し敏感な動物であったなら、気づくでしょう。しかし、ほとんどの場合、気づいたときには手遅れなのです。
 小生がこのことに気づいたのは、つい最近のことです。ですから、小生も手遅れなのです。しかし、手遅れは手遅れとして「運動をする」しかありません。むしろ、「思い立ったが吉日」と言うべきでしょう。それが「運動のすすめ」なのです。
 
では、人はなぜ運動をしなければならないかを考えてみましょう。

【その1】人間の体温は、体が生み出す熱エネルギーによって36度前後に維持されています。
そのエネルギーの40パーセント以上は全身の筋肉から作られます。
運動することで筋肉が収縮し、また拡張されて体温が上昇します。
体温の上昇のために血液内の脂肪や糖類などの余剰物や
老廃物が燃やされ、血液の汚れが清浄化されるのです。

 もし、慢性的な運動不足があるとすると、血液の余剰物や老廃物が燃焼されずに血液が汚れます。その結果、血管に老廃物が付着し血行障害を生むのです。その主たる原因は運動不足にあり、知らず知らずに内臓に脂肪が蓄積されます。外見からはそれ程太っているようには見えない人でも、体脂肪は増加し、隠れた肥満となります。そこで新陳代謝の機能を増加させるためには、また隠れ肥満を解消するためには「運動をする」以外にないのです。
[PR]
# by redmanID | 2005-03-11 16:57
 


 
カテゴリ
全体
太極拳
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧